ヨークシャーテリアは抜け毛が少ない犬種

ヨーキー

ヨークシャーテリアは、“ヨーキー”の愛称で親しまれ、その愛らしい顔で大人気のワンちゃんです。

“シルキーコート”と呼ばれる、絹のように細くて滑らかで光沢のある美しい上品な毛質です。

なぜヨークシャーテリアが抜け毛が少ないと言われるのは、シングルコートという犬種の特徴だからです。

 

シングルコートについての詳しい情報は、こちらをご覧ください。
犬のダブルコートとシングルコート

 

「動く宝石」と言われるヨークシャーテリアの毛色

生まれて間もない子犬のヨークシャーテリアは、ブラックタンです。全身がほとんど黒い毛で覆われています。

その後成長していき、黒い毛に艶が出てきてシルバーの毛色になっていきます。

やがてシルバーから金色のような毛色に変化していき、最終的にはダークスチールブルータンと呼ばれる色に落ち着きます。

ヨークシャーテリアは一生のうち、様々な毛色を楽しむことができるワンちゃんとして有名です。

 

ヨークシャーテリアの毛色は

ヨーキー

 

成長とともに変化するため、表記されているのはスチールブルータン(Steel Blue:青銅色)ということになります。

このスチールブルーの濃さによって、濃いタイプをダークスチールブルー。薄いタイプをライトスチールブルーと呼んだりします。

 

一般社団法人ジャパンケンネルクラブ(JKC)の公認カラーは、ダークスチールブルータンだけです。

 

ヨークシャーテリアのチョコレートタン

近年、ヨークシャーテリアのチョコレートやチョコレートタンと呼んでいるブリーダーさんやペットショップさんがいらっしゃるみたいです。(正式な色としては、認定されていません。)

ヨークシャーテリア本来のスチールブルータンの色素がうまく定着しなかったと考えられています。

※一部、体に疾患を持った子犬もいるそうですが、チョコレートやチョコレートタンが必ずしも体が弱いという訳ではありませんのでご心配なさらないでください。肯定も否定もありませんが毛の色もその子犬の個性だと思っています。

シェアボタン