ワイマラナーの飼い方・性格・毛色・しつけ・散歩・寿命・価格

ワイマラナー

ワイマラナー(英語:Weimaraner)は、ドイツ原産の大型犬です。
ドイツの宮廷で飼われていた王族の犬でした。優雅で美しい姿に魅了されます。
身体能力も高くて賢い犬種です。

 

ワイマラナーの性格

ワイマラナー

 

ワイマラナーは、飼い主に従順で穏やかな性格です。
見知らぬ人に対しては警戒心があり、慣れるまで距離を置くところがあります。
賢い犬種ですのでしつけは難しくありませんが、初めてペットを飼う方には少し難しい犬種です。

 

飼い主さんと遊ぶことが大好きですので
成犬になっても子供のように無邪気に遊ぶところがとてもカワイイです。

 

ワイマラナーの毛色の種類

ワイマラナーの毛色は、光沢のあるグレー(シルバーグレー)です。

 

グレーゴーストやシルバーゴーストと呼ばれることもあります。

 

スムースコート(短毛)のシングルコートの犬種ですが
一部、ロングコートでダブルコートの犬種もいます。
(ロングコートは劣勢遺伝ですが、ジャパンケンネルクラブで公認されています。)

 

シングルコートについての詳しい情報は、こちらをご覧ください。
犬のダブルコートとシングルコート

 

スムースコートのワイマラナーは、週に2~3回ブラッシングを行なってあげてください。
蒸しタオルで拭いてあげる程度で十分清潔に保てます。
シャンプーは10日から2週間に1回くらいでお手入れは簡単です。

 

ワイマラナーの大きさ(体重)

ワイマラナー

 

ワイマラナーの成犬時の大きさは58〜70cm、体重は25〜40kg

 

オスは、メスと比べるとひと回り大きいです。
オス > メス

 

ワイマラナーのしつけ

ワイマラナーは、1頭での留守番がとても苦手でストレスになってしまいます。
できることならワイマラナーを2頭以上で飼うことをオススメします。

 

ワイマラナーは、飼い主にベッタリ過ぎて依存しやすいので
分離不安症になりやすいところがあります。

 

分離不安症になると鳴いたり暴れたり、時には自傷行為に及ぶことがあります。
飼い主が分離不安症に過敏になることがいけません。
愛犬は飼い主の心に敏感で不安な気持ちが愛犬にもうつってしまいます。

 

健全な改善方法は、運動不足を解消することです。
ワイマラナーは、体力があり過ぎるので散歩も1時間歩く程度では
多少の気分転換にはなってもストレス解消までには至りません。

 

ワイマラナー

 

愛犬が毎日30分くらいキャンター(小走り)ができると改善されることもあります。
(個体差があります。)
公園でボール遊びのような自由運動を散歩に加えたりするのも効果的です。
ワイマラナーが疲れるくらい運動量を増やしてみてください。

 

ワイマラナーの散歩の距離と時間

ワイマラナーの成犬時の散歩は、1日に2回30~60分程度(1日の合計が1~2時間)

 

距離にすると1回で2.3~4.6km程度の散歩が目安となります。(1日の合計が4.6~9.2km)

 

ワイマラナーは、とてもスタミナがあって運動が大好きです。
できることなら毎日30分の散歩に30分のランニング。公園でボール遊び。
これくらいのメニューが必要です。
なかなか時間が取れない方にはあまりオススメできない犬種です。

 

ワイマラナーの寿命

ワイマラナー

 

ワイマラナーの平均寿命は10~12歳と言われています。

 

大型犬の平均寿命は10~12年ですので平均的と言えます。

 

ワイマラナーの子犬の価格

ワイマラナーの子犬の価格相場は18~20万円です。

 

ペットショップの購入価格は10~13万円が相場です。

 

ブリーダーの購入価格は18~20万円が相場です。

 

平均価格19万円、最高価格43万円、最低価格9万円。

 

ワイマラナーは、ショートヘアーの被毛の方が購入価格が高くなる傾向があります。

 

(価格は、血統や毛色、大きさや性別によって大きく変わります。生まれてから6ヶ月を過ぎると価格が低下する場合があります。)

※子犬は動物愛護法に基づき、生後49日を過ぎていない場合の販売(お引き渡し)をすることはできません。

 

 

シェアボタン