ラフコリーの毛色の種類と大きさ

ラフコリー

ラフコリー(英語:Rough Collie)は、世界中で大ブームを巻き起こした“名犬ラッシー”で有名なイギリス原産の大型犬です。
元々は、羊など牧畜が群れからはみ出さないように監視や誘導をするシープドッグ(牧羊犬)でした。

ビクトリア女王がスコットランドを訪問した際に連れ帰ったことで世間に注目され広まっていきました。
その後、改良し交配して生まれたのがセーブルホワイトの毛色です。(18世紀後半)
ラフコリーの“エプロン”と呼ばれる首から胸にかけてのゴージャスな飾り毛が特徴です。
性格は、穏やかで従順。洞察力があり非常に賢いと言われています。

 

ラフコリーの大きさ(体重)

ラフコリー

名犬ラッシーは、ラフコリーのメスの(写真右のような)セーブルホワイト毛色の犬です。

 

ラフコリーの成犬時の大きさは56〜66cm、体重は23〜34kg

 

オスは、メスと比べてひと回り大きいです。
オス > メス

 

ラフコリーの毛色の種類

ラフコリーのセーブルマール
写真は、ラフコリーのセーブルマール(左)とセーブルホワイト(右)の毛色です。

 

ラフコリーの毛色は、セーブルホワイト、トライカラー(ブラックタンホワイト)、ブルーマール、セーブルマールがあります。

 

セーブルホワイトには、ダークセーブル、レッドセーブル、マホガニーセーブルなど様々な呼び方があります。

 

ラフコリーは、寒さに強いふわふわとボリュームのあるダブルコートの犬種です。

 

ダブルコートについての詳しい情報は、こちらをご覧ください。
犬のダブルコートとシングルコート

 

ラフコリーとシェットランドシープドッグの違い

ラフコリーとシェットランドシープドッグ

写真の真ん中がシェットランドシープドッグ。両サイドがラフコリー(トライカラー)です。

 

ラフコリーとシェットランドシープドッグは、外見が似ていますが大きさが全然違うまったく別の犬種になります。

 

ラフコリーの成犬時の大きさ(大型犬)
体高56cm~66cm
体重23kg~34kg

 

シェットランドシープドッグの成犬時の大きさ(小型犬)
体高35~40cm
体重6~10kg

 

シェットランドシープドッグについての詳しい情報は、こちらをご覧ください。
シェットランドシープドッグの毛色の種類と大きさ

 

ラフコリーを飼う前に

ラフコリーのセーブルホワイト

 

ラフコリーは、とても体力のある大型犬です。
毎日朝晩30分〜40分程度の散歩とボール遊びやフリスビーなどの自由運動が必要です。
ラフコリーを飼うにあたって、どうしても広い環境が必要となってしまいます。
運動不足やストレスを溜め込まない環境があるかどうか?
飼う前にもう1度よく考えてからご購入ください。

 

 

シェアボタン