日本スピッツの毛色と大きさ

日本スピッツ

日本スピッツ(英語:Japanese Spitz)は、海外でも注目の日本原産の中型犬です。
純白の毛色で光沢があり、フワッフワでボリュームのある被毛。
首周りにある飾り毛が上品でとても美しい。
日本国内でも再び注目が集まり、美形で顔立ちの整った子ばかりの犬種なので人気が出るのも当然と言えば当然です。

 

日本スピッツの大きさ(体重)

日本スピッツ

 

日本スピッツの成犬時の大きさは30〜38cm、体重は9〜11kg

 

日本スピッツの毛色は、ホワイトに限ります。

 

ボリュームのある被毛に覆われたダブルコートの犬種です。

 

ダブルコートについての詳しい情報は、こちらをご覧ください。
犬のダブルコートとシングルコート

 

当時の日本スピッツの事情

昭和30年代に日本スピッツが大人気でした。
まだその当時、外飼いが基本で犬のしつけの知識が全然ないためにしつけが出来ず
「吠えてうるさい犬」という悪い評判が広がり、人気がなくなっていった悲しい時代背景があります。

 

現在でさえ、全くしつけをしない(しつけを知らない)飼い主さんもいらっしゃいます。
しつけが出来ていないと、ちらほら問題を起こしています。
動物が好きでない方もいらっしゃいます。
ワンちゃんと人間が共存していくためには、しつけをちゃんと行うのがマナーとされています。

 

現在の日本スピッツの事情

日本スピッツ

 

以前は「吠えてうるさい犬」という悪い印象が付いてしまいましたが
最近の日本スピッツは、しっかりとした繁殖活動のおかげで温厚な性格に改善されています。
飼い主のしつけの知識が広まったことや家の中で飼うなど
以前とは環境が大きく異なりますので安心して購入して頂けます。

あとは何かのきっかけで再ブレーク間違いなしの注目の犬種です。

 

 

シェアボタン