絶対に分かる!フレンチブルドッグとボストンテリアの違い

フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグとボストンテリアの違いが分かる3つのポイント!

 

Point1

フレンチブルドッグとボストンテリアの成犬時の体重を比べると約1.5倍の体重差があります。

 

ボストンテリアの体重は、約5~11kg
フレンチブルドッグの体重は、約8~14kg

ボストンテリアよりフレンチブルドッグの方が大きいことが分かります。

 

Point2

ボストンテリアは、フレンチブルドッグより全体にスリムで足も長くなります。
顔が小さいのもボストンテリアです。成犬になるとその差がハッキリと分かります。

フレンチブルドッグよりボストンテリアの方がスマートな印象。

 

Point3

ボストンテリアとフレンチブルドッグの最大の特徴は、耳の形
ボストンテリアの耳は、三角形のような“先がとがった耳”です。
フレンチブルドッグの耳は、『バットイヤー(=コウモリの耳)』と言われる、ピンと立った“先が丸い耳”です。

 

ボストンテリア耳

写真は、ボストンテリアの“先がとがった耳”です。

 

どうでしたか? フレンチブルドッグとボストンテリアの3つの違いが分かりましたか?

Q さて、このワンちゃんは何でしょう?

パグ

A 正解は、パグです。(パグは、耳が寝ています。)

 

フレンチブルドッグとボストンテリア、それぞれのルーツ

 

フレンチブルドッグはフランス原産の犬種で、ブルドッグとパグやテリアの交配して生まれたと言われています。(諸説あり)

ボストンテリアはイングリッシュボストンテリアから交配して生まれ、その名の通り『ボストン市』が発祥の地です。

 

 

ボストンテリアの毛色

ブリンドルホワイト
ブラックブリンドルホワイト
シールブリンドルホワイト
マホガニーブリンドルホワイト
ゴールドブリンドルホワイト
ブラックホワイト

 

ブリンドルホワイトボストンテリア

写真は、ブリンドルホワイトのボストンテリアです。

(黒ではない、少し茶色がかった毛色がブリンドルです。)

 

マホガニーブリンドルホワイトボストンテリア  マホガニーブリンドルホワイトボストンテリア

写真は、マホガニーブリンドルホワイトのボストンテリアです。

 

シールブリンドルホワイト

シールとは、黒い部分が少し白っぽく見える毛色です。

 

ボストンテリアの毛色は、大部分がブラックブリンドルホワイトやブリンドルホワイトです。

 

ボストンテリアは、タキシードを着た紳士のような黒に白の斑(まだら)の“ボストンカラー”がアメリカ人好みでずっと人気の高い犬種です。

 

アメリカンケンネルクラブが認めている毛色
Brindle & White(ブリンドルホワイト)
Black Brindle & White(ブラックブリンドルホワイト)
Seal Brindle &  White(シールブリンドルホワイト)
Seal & White(シールホワイト)
Black & White(ブラックホワイト)

 

日本で呼ばれている毛色
Boston color(ボストンカラー)
Tuxedo color(タキシードカラー)
Mahogany brindle(マホガニーブリンドル)

 

ボストンテリアの断耳(だんじ)

色々な考えから、日本ではボストンテリアの断耳が行われています。
ヨーロッパは、動物虐待ではないか?と禁止となっている国があります。

 

ヨーロッパにおける断耳禁止国

 

イギリス(1899年)
スコットランド(1899年)
ノルウェー(1987年)
スウェーデン(1989年)
ルクセンブルグ(1991年)
ドイツ(1992年)
デンマーク(1996年)
フィンランド(1996年)
スイス(1997年)
ポーランド(1997年)
オランダ(2001年)
フランス(2003年)
オーストリア(2005年)

 

フレンチブルドッグの毛色

スムースコートのフレンチブルドッグ

基本カラーは、ブリンドル・パイド・クリーム・フォーンの4色です。

あとタイガーブリンドル・フォーンパンチ・ハニーパンチ・片パンチと呼ばれる毛色もいます。
非公認では、ブラックやホワイトも

 

“ブサカワ”その愛くるしい表情の虜になる方が続出!!
1度ハマると多頭飼いをされる飼い主様が多いのが特徴
フレンチブルドッグは、とても鼻が短いため呼吸をする時にブヒブヒと音をたてることから、愛好家の皆さんの間では『ブヒ』の愛称で呼ばれています。

シェアボタン