ドッグフードの原材料の記載の順番

ペットフード安全法

公正取引委員会及び消費者庁の認定を受けた「ペットフードの表示に関する公正競争規約・施行規則」では、原材料名の表示は、使用量の多い順に記載すると定められています。
ペットフード安全法では、原材料名の記載順序は特に規定していませんが、消費者に対する適切な情報提供の観点からは、原則、多い順に記載することが望ましいと考えます。
「環境省より」

 

愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)によって、粗悪なドッグフードは減ってきています。

 

愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)の施行

環境省と農林水産省の共管により施行されました。
愛がん動物用飼料(ペットフード)の安全性の確保を図るため、平成21年6月1日から「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(ペットフード安全法)が施行されました。
法律の対象となるのは、犬及び猫用のペットフードです。
ペットの健康に悪影響を及ぼすペットフードの製造、輸入又は販売は禁止されます。
消費者に対して適切かつ十分な情報を提供するために製造業者名や賞味期限などの表示が義務付けられます。
国は国内に流通するペットフードを監視し、問題が起きた時はその廃棄・回収を事業者に対して命令することができます。

 

平成20年6月
「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」の制定

 

平成21年6月1日
「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」の施行

 

愛犬が長生きできる動物性タンパク質

犬にとって最も重要な栄養素がタンパク質で、犬の被毛・皮膚・内臓・血液・骨までタンパク質で作られています。
さらに代謝や免疫力を保つ大事な要素でもあります。

 

タンパク質には、動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類。
犬の体内で合成されず、食べ物から摂取しなければならない必須アミノ酸は10種類あります。
これらをバランスよく含んでいる動物性タンパク質が犬の食事には適しています。 

 

タンパク質が不足すると免疫系が真っ先に機能が低下するとも言われ、皮膚の感染症にかかりやすくなったり、慢性の下痢に悩まされます。
長期にわたってタンパク質が不足すると被毛の質が悪くなり、毛艶がなくバサバサで傷んだ状態になります。

 

換毛期は、タンパク質を20%程度増量するのが望ましいと言われているくらい、タンパク質は犬にとって大切なものです。

 

犬は肉食ですので、植物を消化吸収することが苦手です。
植物性タンパク質ばかりの食事をしていると消化不良やアレルギーになってしまう可能性があります。

 

植物性タンパク質は、必要以上に取りすぎると脂肪となって蓄積されやすく、成分の大半が植物性タンパク質(小麦・トウモロコシなど)のドッグフードは、太りやすい傾向にあります。
動物性タンパク質は、必要以上に取り過ぎても脂肪にはならないので、成分の大半が動物性タンパク質のドッグフードに変えるだけでダイエットが可能です。

 

犬は穀物の消化が苦手なので食物繊維が豊富なドッグフードは、必要な栄養が吸収されず栄養バランスを崩してしまうことがあります。

 

ドッグフードを選ぶときは、動物性タンパク質がどれだけ使われているか原材料をしっかりと確認することが大切です。
原材料は、使用している量が多い順に記載されていますので肉・魚などから記載されているかチェックしてみましょう。

 

ドッグフードに含まれる原材料

動物性タンパク質
チキン(鶏)、ラム(羊)、馬、鹿、ターキー(七面鳥)、魚など

 

植物性タンパク質
小麦、トウモロコシ、コーングルテン、大豆など

 

グルテンを含む穀物
小麦、大麦、スペルト麦、オーツ麦、ライ麦など

 

グルテンフリーの穀物
ヒエ、粟(あわ)、キヌア、アマランサス、大豆、蕎麦(そば)など

 

犬が食べ物から摂取しないといけない10種類の必須アミノ酸

10種類のアミノ酸
アルギニン、イソロイシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、メチオニン、リジン、ロイシン。

 

アミノ酸スコア一覧

アミノ酸スコアが高い食品にはタンパク質が多く(ムダがなく)含まれています。

 

鶏肉 100
豚肉 100
馬肉 100
牛肉 100
アジ 100
鮭  100
カツオ 100
イワシ 100

 

大豆  86
トウモロコシ 31
小麦  44

 

ー 以下は人間の食事用(参考までに) ー

 

牛乳 100
ヨーグルト 100
卵  100

 

白米  65
玄米  68
食パン 44
チーズ 92

 

発がん性があるドッグフードの添加物

エトキシキン、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

 

発がん性が認められている添加物です。
原材料にこの添加物がないか確認してください。
(安くないドッグフードにも使用されている物があります。)

 

愛犬とドッグフードとの相性はうんちを見て

良質な動物性タンパク質は犬にとって消化が良く、適量を食べているとうんちの状態も非常に良いです。
量が多すぎると消化不良を起こし便がゆるくなりやすいので、どんなに栄養バランスが良いものでも食べ過ぎはよくありません。
(食事があっていても、食事を変えた直後はうんちの状態が乱れることがあります。)

 

子犬のうちから栄養バランスの良いドッグフードを食べて
適度な運動をしていれば、病気だけでなく怪我の少ない健康で長生きできる体が作れます。

 

 

シェアボタン