チワワの涙やけの原因と解決方法

チワワ涙やけ

チワワは、涙やけの多い犬種です。
涙やけのひどいチワワは病的で辛そうに見えて、とても悲しい気持ちになってしまいます。
クリームやホワイトの毛色は、涙やけが目立ってしまい見ていられません。

 

食事を変えてあげるだけで涙やけが改善されることもあります。
愛犬に合った食事を探すには、とても時間がかかってしまうかも知れませんが
大切なチワワのためにも改善してあげたいです。

 

涙やけの原因を改善しないことには
獣医さんに処方された目薬をさしても、いつまでたっても治りません。
まずは、涙やけの原因を見つけることが大切です。

 

チワワの涙やけの原因を順番に探していきましょう!

 

チワワの涙やけの原因 水分不足

普段から黄色が濃いおしっこは、水分が不足していると考えられます。
水分が不足しているとおしっこが出にくくなり
おしっこの代わりに汗や涙で、体内の老廃物を排出しようとします。

 

鼻涙管に老廃物が溜まると鼻涙管閉塞という涙やけの症状になります。
水分不足は、涙の過剰分泌に関係があります。

 

Check1
チワワのおしっこの色を確認してみましょう!

 

チワワの涙やけの改善方法 上手に食事で水分を与える

ドライフードの方は、水を入れて与えたり、お湯でふやかして与えます。
もともと水分量が多いウェットフードをドライフードに混ぜて与えたりします。

 

ささみを茹でた際の、ゆで汁をスープのイメージで冷ましてから与えます。

 

お水だけをムリに飲ませようとしても飲むはずもなく
食事に上手く加えて水分を摂取するしかありません。

 

チワワの涙やけの原因 アレルギー症状

涙やけの部分が臭う時は、老廃物が多くアレルギー反応が出ている可能性があります。
いつもよりドロドロとした粘りがある涙の時にも同様です。

 

Check2
チワワの涙の臭いと粘度(粘り具合)を確認してみましょう!

 

チワワの涙やけの改善方法 ドッグフードを変えてみる

原料の何かがアレルギー反応を起こしている可能性があります。

 

犬は肉食ですので、植物を消化吸収することが苦手です。
植物性タンパク質ばかりの食事をしていると消化不良やアレルギーになってしまう可能性があります。

 

ドッグフードを選ぶときは、動物性タンパク質がどれだけ使われているか原材料をしっかりと確認することが大切です。
原材料は、使用している量が多い順に記載されていますので肉・魚などから記載されているかチェックしてみましょう。

 

【ドッグフードに含まれる原材料】

 

動物性タンパク質
チキン(鶏)、ラム(羊)、馬、鹿、ターキー(七面鳥)、魚など

 

植物性タンパク質
小麦、トウモロコシ、コーングルテン、大豆など

 

グルテンを含む穀物
小麦、大麦、スペルト麦、オーツ麦、ライ麦など

 

グルテンフリーの穀物
ヒエ、粟(あわ)、キヌア、アマランサス、大豆、蕎麦(そば)など

 

 

ドッグフードを変えて、すぐに効果が現れる訳ではありません。
約1〜2ヶ月かけて鼻涙管に溜まった老廃物が少しずつ排出されていきます。

 

ドッグフードを変える場合は、いきなり全部を変えてはいけません!
1・2日目は、75%を今までのドッグフード。残りの25%を新しいドッグフードの割合にする。
3・4日目は、50%を今までのドッグフード。残りの50%を新しいドッグフードの割合にする。
5・6日目は、25%を今までのドッグフード。残りの75%を新しいドッグフードの割合にする。
新しい食事に少しずつ割合を増やしていきます。

 

チワワの涙やけの改善方法 動物病院で検査をする

動物病院でアレルギーの検査をしてもらいアレルギーの原因を見付ける。
(アレルギー項目が全ての原料である訳ではないので、獣医さんと知りたいアレルギー項目を確認した上で行ってください。)

 

アレルギーの原因を知ることでドッグフードの原料を見て選べます。
早く愛犬に合った食事に出会えます。

 

症状がひどい場合は、鼻涙管閉塞や鼻涙管狭窄の症状と診断されるかも知れません。
先天性なのか?後天性なのか?聞いておくとその後の対応に役立ちます。

 

先天性鼻涙管閉塞の場合は、生まれつき鼻涙管が細いので手術が必要です。
後天性鼻涙管閉塞の場合、ドッグフードなどの食事で改善されることがあります。

 

鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)とは、涙道が詰まった症状
鼻涙管狭窄(びるいかんきょうさく)とは、涙道が狭くなった症状

 

愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)の施行

環境省と農林水産省の共管により施行されました。

愛がん動物用飼料(ペットフード)の安全性の確保を図るため、平成21年6月1日から「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(ペットフード安全法)が施行されました。

法律の対象となるのは、犬及び猫用のペットフードです。

ペットの健康に悪影響を及ぼすペットフードの製造、輸入又は販売は禁止されます。

消費者に対して適切かつ十分な情報を提供するために製造業者名や賞味期限などの表示が義務付けられます。

国は国内に流通するペットフードを監視し、問題が起きた時はその廃棄・回収を事業者に対して命令することができます。

 

平成20年6月

「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」の制定

 

平成21年6月1日

「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」の施行

 

ドッグフードの原材料の記載の順番

公正取引委員会及び消費者庁の認定を受けた「ペットフードの表示に関する公正競争規約・施行規則」では、原材料名の表示は、使用量の多い順に記載すると定められています。

ペットフード安全法では、原材料名の記載順序は特に規定していませんが、消費者に対する適切な情報提供の観点からは、原則、多い順に記載することが望ましいと考えます。

「環境省より」

 

愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)によって、粗悪なドッグフードは減ってきています。

 

 

シェアボタン