ボルゾイの毛色の種類と大きさ

ボルゾイ

ボルゾイ(英語:Borzoi)は、ロシア原産の大型犬です。
優雅で上品な外見で日常も物静かで吠えることもほとんどありません。
ゆったりとした様は、まるで貴族のようです。
ボルゾイは、ロシア語で“俊敏”という意味から付いた名前と言われています。

 

ロシア貴族にオオカミ狩りの猟犬として飼われていました。
1917年のロシア革命で絶滅の危険にさらされました。
ボルゾイが絶滅をまぬがれたのは、以前ロシアからイギリスに贈られたボルゾイの末裔のおかげでした。

 

当時の呼び名は「ロシアンウルフハウンド」でしたが1936年にボルゾイと正式に改められました。

 

ボルゾイの大きさ(体重)

ボルゾイ

 

ボルゾイの成犬時の大きさは68〜85cm、体重は26〜48kg

 

オスの方がメスと比べるとひと回り大きいです。
オス > メス

 

ボルゾイの毛色の種類

ボルゾイ

 

ボルゾイの毛色は、ホワイト、ホワイトクリーム、ホワイトレッド、ブラック、ブリンドル、ブラックホワイト、ホワイトセーブル、ホワイトレモン、レッドホワイトなど多数あります。

 

極寒のロシアの気候にも耐え抜く毛量の多いダブルコートの犬種です。
日本の暑さには弱いですので気温には注意が必要です。

 

ダブルコートについての詳しい情報は、こちらをご覧ください。
犬のダブルコートとシングルコート

 

ボルゾイの特徴

ボルゾイのホワイトレモン
写真は、ボルゾイのホワイトレモンの毛色です。

 

ハウンド(英語:Hound)=猟犬は、大きく分けて視覚ハウンドと嗅覚ハウンドの2種類あります。

 

視覚ハウンド(英語:Sighthound)とは、獲物を目で追って狩りをする犬種です。
嗅覚ハウンド(英語:Scenthound)とは、獲物の匂いを追って狩りをする犬種です。

 

ボルゾイは、視覚ハウンド(サイトハウンド)の犬種です。

 

ハウンドドッグ全般に、狩りの最中は主人から遠く離れて犬自身が判断して行動をする“本来の習性”はあります。
ボルゾイは「しつけの入りにくい犬」としてのイメージが付いていますが
賢い犬ですので主従関係さえ築くことが出来れば、とても従順でおとなしい犬種です。

 

そのほかのハウンドドッグ

ビーグル、ダックスフンド、グレイハウンド、ウィペット、バセンジーなど

 

 

シェアボタン