ボーダーコリーの毛色の種類と大きさ

ボーダーコリー

ボーダーコリー(英語:Border Collie)は、スコットランド地方の方言で、牧羊犬の総称を“Collie(コリー)”と呼ばれ
国境(=ボーダー)地域で飼われていたことに由来して、ボーダーコリーと呼ばれるようになったと言われてます。
全犬種の中で“最も知能が高い”と言われているイギリス原産の中型犬です。

 

ボーダーコリーの大きさ(体重)

ボーダーコリーの成犬時の大きさは50cm前後、体重は、14〜22kg

 

ボーダーコリーの毛色は、ブラックホワイト、ブルーホワイト、チョコホワイト、レッドホワイト、
ブルーマール、レッドマールとトライカラーがあります。

 

ボーダーコリーのブルーマール
写真は、ボーダーコリーのブルーマールの毛色です。

 

 

ボーダーコリーには、ラフコートとスムースコートの2種類の毛質があります。

ボーダーコリー

 

ボーダーコリーは、大半がロングコートの毛質です。

少ないですがスムースコートの毛質のボーダーコリーもいます。

 

ラフコートとは、長毛でダブルコートと呼ばれる上毛と下毛がある、ふわふわしたウェーブがかった毛質です。
スムースコートとは、短毛でシングルコートと呼ばれる下毛のみのストレートな毛質です。

 

ダブルコートについての詳しい情報は、こちらをご覧ください。
犬のダブルコートとシングルコート

 

 

犬の毛に関する話

【毛の構造】

シングルコート(Single coat)は、アンダーコート(Under coat)=下毛のみ

ダブルコート(Dable coat)は、オーバーコート(Over coat)=上毛 または、トップコート(Top coat)とアンダーコート(Under coat)=下毛

 

【毛質】

スムースコート(Smooth coat)=滑らかな毛質
ロングコート(Long coat)=長い毛質
ラフコート(Rough coat)=粗い上毛の長い毛質
ワイヤーコート(Wire coat)=上毛が硬い毛質
カーリーコート(Curly)=クルクルと巻いた毛質
シルキーコート(Silky coat)=絹糸のような光沢がある長い毛質
ブロークンコート(Broken coat)=長い毛と短い毛の両方ランダムに生えていて、硬い所と柔らかい所がある毛質
フルコート(Full coat)=十分な長さを備えた状態

 

 

シェアボタン