ビションフリーゼの毛色と大きさ

ビションフリーゼ

ビションフリーゼ(英語:Bichon Frise)は、アフリカ大陸の北西にあるカナリア諸島のテネリフェ島に持ち込まれたバービション(英語:barbichon)という犬種名を短くしてビション(犬種名)と呼ばれ
ビションテネリフェ(犬種名)としてイタリアへ持ち込まれました。
その後フランスへ渡り貴族たちの間で人気となり各地に広まっていったと言われています。

 

その後、純粋な血統のビションテネリフェが絶滅寸前となってしまいました。
フランスのブリーダーによって血統の復元が行われ、19世紀になってようやく初めて「ビションフリーゼ」という犬種名が与えられました。
現在では、フランス原産の小型犬として愛されています。
ビションフリーゼは、フランス語で[ bichon à poil frisé ] 直訳すると“巻き髪のビション”という意味です。

 

カナリア諸島のビションテネリフェがキューバに持ち込まれたのが、キューバの国犬ハバニーズと言われています。
コロンブスの航海記録にも載っているの犬は、ビションテネリフェとも言われています。

 

ビションテネリフェは、マルチーズの祖先とも言われています。

 

犬種のルーツを知るとその犬種の特徴や習性が分かってとても面白いですね

 

ビションフリーゼの大きさ(体重)

ビションフリーゼ

 

ビションフリーゼの成犬時の大きさは30cm前後、体重は5〜6kg

 

ビションフリーゼの毛色の種類は、一般的に日本ではホワイトのみです。

 

ビションフリーゼ
写真は、ビションフリーゼの“パウダーパフ”と呼ばれるアフロヘアーのようなあスタイルです。

 

ビションフリーゼは、巻き髪のオーバーコートのダブルコートの小型犬です。
よく似ているマルチーズやトイプードルは、シングルコートです。
アメリカで話題になったパウダーパフやトイプードルのテディベアカットをしてみたり
毛量が多いので色々なバリエーションが楽しめるのも魅力の1つです。

 

ダブルコートについての詳しい情報は、こちらをご覧ください。
犬のダブルコートとシングルコート

 

 

シェアボタン