アメリカンコッカースパニエルの毛色の種類と大きさ

アメリカンコッカースパニエル

アメリカンコッカースパニエル(英語:American Cocker Spaniel)は、日本では“アメコカ”の愛称で親しまれてるアメリカ原産の中型犬です。
1620年に歴史的に有名な全米最初のイギリス人移民が“メイフラワー号”にアメリカンコッカースパニエルの祖先となるイングリッシュコッカースパニエルを連れてやってきたと伝えられています。
その後アメリカでイングリッシュコッカースパニエルは猟犬ではなく、愛玩犬として改良されアメリカンコッカースパニエルという新たな犬種として生まれました。

 

単に“コッカースパニエル”と呼ばれることも多いですが、アメリカ以外の国ではコッカースパニエルと言えば、イングリッシュコッカースパニエルのことを指します。

 

アメリカンコッカースパニエルの大きさ(体重)

アメリカンコッカースパニエル

 

アメリカンコッカースパニエルの成犬時の大きさは36〜38cm、体重は9〜13kg

 

運動が大好きで体力もあるので毎日1時間くらいの散歩が必要です。
太りやすいとも言われています。

 

アメリカンコッカースパニエルの毛色の種類

アメリカンコッカースパニエル
写真は、アメリカンコッカースパニエルのバフの毛色です。

 

アメリカンコッカースパニエルの毛色は、バフ(クリーム)、シルバーバフ、ブラック、チョコレート、レッド

ブラックタン、チョコレートタン

レッドホワイト、ブラックホワイト、ブラックタンホワイト(トライカラー)などがあります。

 

アメリカンコッカースパニエルの被毛は、長くて毛量の多いダブルコートです。

 

ダブルコートについての詳しい情報は、こちらをご覧ください。
犬のダブルコートとシングルコート

 

アメリカンコッカースパニエルとイングリッシュコッカースパニエルの違い

 

アメリカンコッカースパニエルの成犬時の大きさは36〜38cm、体重は9〜13kg
イングリッシュコッカースパニエルの成犬時の大きさは38〜41cm、体重は13〜15kg
アメリカンコッカースパニエルの方がひと回り小さいです。

 

イングリッシュコッカースパニエルには、ローンという毛色があります。

 

アメリカンコッカースパニエルは、マズルが短い。丸みのある顔立ち。
イングリッシュコッカースパニエルは、マズルが長い。シャープな顔立ち。

 

※イングリッシュコッカースパニエルに改良を加えた犬種がアメリカンコッカースパニエルです。

 

2016年の日本での登録数

アメリカンコッカースパニエル 1752頭

イングリッシュコッカースパニエル 392頭

 

 

シェアボタン